ふくおか食べる通信 | ブログ
1
archive,category,category-blog,category-1,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,wpb-js-composer js-comp-ver-5.3,vc_responsive
 

ブログ

2019年7月19日、満を持して映画“天気の子”が公開された。 何日も降り続く雨に科学はなすすべもなく、人間は神頼みするしかなかった。そこに現れたのが“天野陽菜”という100%晴れをもたらす謎の少女…。  2020年7月。今年も九州を数十年に1度の大雨が襲った。 大雨特別警報は運用開始後過去7年で16回も発令されている。7月12日付けの西日本新聞では、今回の豪雨の要因は地球温暖化による海水温の上昇で水蒸気の量が増加、積乱雲が発生しやすくなったからだという専門家の見解を掲載している。豪雨災害は中国にも及んだ。長江が氾濫。観測市場最高の水位とな4,500万人近い人が被災した。豪雨災害はもはや一部の地域の出来事ではない。    ほんの数ヶ月前、我々が当たり前の前提として疑わなかった安心・安全な生活はコロナによって一部が脆くも崩された。さらに輪をかけて我々の安心・安全な生活を脅かしているのが豪雨災害である。    コロナに対して我々は、生活スタイルや働き方、いわゆる行動様式を変えた。 それによって意識を変えた。行動と意識を変える事でコロナと対峙しようとしている。専門家の提言に耳を傾け、国や自治体が舵をとり、我々は行動変容した。その背景にあるのは危機が目の前に迫っているという緊急性だ。豪雨災害の大きな要因である地球温暖化はこれまで目に見えづらかった。見えていたかもしれないが見えないふりをしていた。緊急性を感じる機会が少なかった。しかし気象学者や海洋学者などの専門家は以前から警鐘を鳴らしている。「待ったなし」だと。    地球温暖化の要因であるCO2の排出を削減する事は、豪雨災害リスクを軽減し、我々が当たり前の前提だと思っている安心・安全な生活を守る事につながるとするならば、我々にはどんな行動変容が求められるのか?我々はどのように意識を変える必要があるのか?そして、それはいつ始めねばならないのか?  映画“天気の子”のラストシーンでは2年以上雨が降り続き、東京が水没してしまう姿が描かれていた。数十年後「新海誠は預言者だったのか」などというゴシップ記事が出回らない為にも、我々の安心・安全な生活を守る為にも、今できる事は何か?考えながら行動する事が求められている。 ...

コロナによる緊急事態宣言が福岡に出されたのは4/7の事だった。 ホテルや飲食店を主要な顧客としている生産者さん達の窮状を訴えるため、 私はfacebookにSOSを投稿した。その時の投稿は以下の通りだ。 SOS!! ストレートに申し上げます 生産者さんから直接買って頂けないでしょうか🙇‍♂️ 福岡も非常事態宣言が出されました 飲食店はこれまで以上に苦境に立たされます それは生産者さんも一緒です 特に、ふくおか食べる通信で特集した生産者さんは、自分で作ったものを自分で販売しています ホテルや飲食店などは大事なお客さんです その需要が激減です 今、頼りにできるのは、個人の自宅消費しかありません 同じ口にするものなら 顔の見える生産者さんから直接買って頂けないでしょうか? 知らない方は これを機に、生産者さんとつながりを作って頂けませんか? こだわって作っています なので、安くはありません 送料もかかります コロナの影響で収入が減った方も いらっしゃるかもしれません でも、でも 買って頂けないでしょうか🙇‍♂️ 生産者さんは こんな時でも、苦境をあまり口に出しません だからこそ 私が口にしなければならないと思っています 私が食べる通信をやっているのは、こんな時の為なんです 下記に 特集した生産者さんの食べ物が直接買えるオンラインサイトのリンクを貼っています ものは確かなものばかりです! 生産者さんが自分の顔と名前を出して 腹くくって作って売っています どうか、どうか 血の通った豊かな関係性が育まれますように ◆おコメ、野菜類 ゆうきひろきさん https://poke-m.com/products/42689 古野隆太郎さん(合鴨家族 古野農場) https://aigamokazoku.thebase.in/ ◆お肉 赤崎牛(赤崎和徳さん) https://poke-m.com/products/26040 ◆お魚 サバやイワシのぬか炊き 宇佐美雄介さん(宇佐美商店) https://www.xn--hwtvb026i.com/ ◆果物類 梨などのドライフルーツやジュース 林誠吾さん(梨農家) https://poke-m.com/products/26816 ブラッドオレンジ 久保田勝揮さん https://poke-m.com/products/40155 甘夏 若松潤哉さん https://poke-m.com/products/43769 ◆海苔類 海苔(板海苔、ばら干し海苔) 古賀哲也さん(アリアケスイサン) https://poke-m.com/products/25609 川茸:すいぜんじのり 遠藤淳さん(遠藤金川堂) https://poke-m.com/products/32508 ◆塩、味噌、お茶 塩、塩プリン 平川修一さん(またいちの塩) https://poke-m.com/products/43721 お味噌 井上宗久さん(カネダイ) https://kanedai-miso.shop-pro.jp お茶、紅茶有機無農薬 樋口勇八郎さん(うきはの山茶) https://ukihanoyamacha.com/online-shop どうかよろしくお願いします!! そして、買って頂けましたら友達に向け、熱いコメントをつけた上で、シェアして頂けると嬉しいです🙇‍♂️ (単なるシェアだと拡散が弱いらしいです) 最後まで お読みくださりありがとうございました! この結果、何が起こったか? 「買います!」「シェアします!」と言ったコメントと共にたちまち多くの友人が行動を起こしてくれた。 そして1週間後シェアの数は450件を超えた。 生産者によっては、売り切れとなるほど注文が殺到した生産者さんもいた。 加えて、この投稿を見て「うちの店で販売してみてはどうか?」と声をかけてくれた小売店の経営者もいらっしゃった。共感が共感を呼んだ。 しかし、ここで終わってはいけない。一過性で終わらせては意味がない。 これをきっかけに都市の住民と生産者が血の通った豊かな関係性になる事が目的だ。 緊急事態は、日常とは違った感情が働く。普段気にもとめていない事に気付く。 それは我々が生きて行く上での本質的な事である場合が多い。 コロナの先には今まで見過ごされてきた、人と人のつながりの豊かさ という当たり前の事が実は有難い事だったと多くの人が気づくだろう。 そして、それを持続させる事が我々に課された使命である。 ...

2/6にRKB毎日放送の今日感テレビにて、ふくおか食べる通信を取り上げて頂きました。 テレビに取り上げて頂いた後にはお問い合わせやお申込みを数件頂きます。 (ホントに有り難いです) 今回も同様に頂きました。 ただ、これまでと明らかに違うんです。 何が違うかと言うと 「テレビを見て共感したので購読します!」 という方がほとんどなんです。 もちろんこれまでも、そういう事がなかった訳ではありませんが、テレビでは食べる通信の想いを伝えるのが中々難しい事を身をもって体感していたので驚きました! えっ? どんな風に放送されたんだろ? 留守録していた私は、翌々日、放送を見て驚きました! なんと! 僕の想いが余す事なく表現されてる! しかも、難しい社会課題に取り組んでいるという眉間にしわを寄せた重たい感じではなく、生産者さんや読者さんとの関係構築を楽しんでいるという、僕が一番大切にしたいところが全面に出ているんです! 今回、取材をしてくれたディレクターの脇さんは、入社一年目の若手で、私の息子とほぼ同い年。 取材申し込みがあって、放送まで約2週間という短期間の中、彼女は何度も現場に脚を運んで、僕の言葉に耳を傾けてくれました。 彼女の目を通して、僕がどう映るのか、それをとやかく言うつもりはなく、どう描いてくださっても良いと思っていた訳ですが、ここまで僕の気持ちを汲み取ってくれた事に驚きと共に感謝しかありません。 なぜ、あの短期間でここまで汲み取る事が出来たのか? それは脇さんに聞いてみないとわからない事ですが、少なくとも脇さんの目を通して描いてくださった放送に共感してくださった方々がいらっしゃる事は事実。 一つ思ったのは 取材者に対する新鮮な好奇心を持ち続ける大切さを、脇さんからの取材を受けていて感じました。 改めて自分自身も、生産者さんに対してそういう新鮮で謙虚な姿勢を持ち続けているか?2年やってきて、慣れが出てきていないか?それを振り返らせてくれる大変良い機会でした。 加えて、 多くの方々に取材協力頂きました! 古野さんご家族はもちろん、次号特集のわかまつ農園の若松さん、創刊号から購読頂いている佐野淳子さん、こそっと登場したぬか炊きの宇佐美さん。 ありがとうございました!!     ...

知っている人が作ったものを 知っているどうしで食べる 「知産知消」 それを一歩進めて 知っている人が作ったものを 知っているどうしで”料理して”食べる 「知産知料」 去る1月18日に開催した ふくおか食べる通信2周年記念の クッキングイベントin東京 昼の部と夜の部合わせて60名以上 「いや〜料理苦手なんです〜」という方も数多く参加 作った作った、九品目 飲んだ飲んだ、十数本 語った語った、十二分に そして、最後はごちそうさま! [caption id="attachment_16234" align="alignnone" width="300"] Processed with Focos[/caption] 色々大変でしたが みんなの笑顔で疲れはふっとびましたーーー やっば、やって良かったーーーーー!! 料理とスイーツを仕切ってくださった 山口はるのさん南里英伸さん スペシャルサンクスです! 福岡からわざわざ駆けつけてくれた ぬか炊きの宇佐美雄介さん みかんの川上耕太さん 感謝です! 参加してくださった皆さん 本当に本当にありがとうございますーー😊 様々な理由で参加したかったけど参加できなかった皆さん またやりまーーす! [caption id="attachment_16235" align="alignnone" width="225"] Processed with Focos[/caption] そしてこれ、 名古屋や大阪でもやりたいなぁ〜〜〜 ...

ふくおか食べる通信の事を絵本にして頂きました!! 「福岡ものづくり絵日記」というネットで読めるデジタル絵本です。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ https://fukuoka-yokamon.com/monoduku…/fukuoka_taberu_tsushin イラストレーター尾野久子さんの素敵なタッチのイラストと文章で、なんだか素敵おじさんっぽくなってるぞー😆 先日のクッキングイベントや農家さんへの取材同行など、尾野さんの精力的な取材で、これまでの活動を見事に絵本にまとめてくれました! 僕も何度か取材してもらいましたが、出来上がりが絵本というのは新鮮ですねー 尾野さんの画風のファンになってしまったーー   尾野さんの文章とイラストに引き込まれ あまり時間感じません。 良かったら最後までお読みくださいーー       ...

令和初のふくおか食べる通信忘年会 開催しました! 生産者さんと読者さんが ゴニョゴニョ お料理とお酒と美味しい会話で ゴニョゴニョ 最後には 現地即売会でゴニョゴニョ このゴニョゴニョの為 飯塚という場所に 福岡や北九州や筑後から 30人近い方々が1時間近くかけて駆けつけてくれた どうして ふくおか食べる通信をやってるんですか? こういうい場を作りたい為です! お腹もココロも満腹 幸せってこういう時に感じるんだな〜〜〜 赤崎さんはじめLienのみなさん 美味しい食事と美味しいお酒 ありがとうございます! 参加してくれたみなさん 美味しい会話を ありがとうございます! またやりたいなーー 年明けは 東京での料理作りイベントからスタートです!!  ...

「梨は横からの力に弱いんですよ」 林誠吾さんから以前聞いていた言葉がずっと気になっていた。 昨晩、朝倉市でも風速30メートル以上を記録した今回の台風17号。 横風の凄まじさは想像以上 そして 収穫を間近に控えていた美味しい梨達は無残にも 落下していた、、、 「これでも平成18年の台風に比べればマシですよ」 平成18年の台風では梨の8割が落下したという。 そこと比べで「マシだ」という生産者さんの感覚。 自然を相手にしているとそこまで達観できるのだろうか? 呆然としている私を横目に、喜怒哀楽を表すことなく黙々と梨を拾うその姿は「泰然自若」に他ならない。 今回の台風で前年に比べ3〜4割減収が予測されるという。 一般のビジネスで売上が前年比30%減となったら、、、パニックである。 それでも「泰然自若」は変わらない。 これは、朝倉市の一生産者さんの話ではない。 日本全国で同じ事が起きているし これからも起きる それを肝に銘じて 僕らに何ができるのか? 僕らは何をすべきか? 問い続けていきたい。 ...

前回ブログ(0025)で、初めてを始めてみる。を書きました。 その初めてがこれです! Voicyという音声メディアアプリでラジオ番組始めました!   その名も ”かじさんの「知産知消」ラジオ” です。 僕がパーソナリティとなり、これまでふくおか食べる通信で特集した生産者さん達を中心に魅力的な生産者さんを対談形式で紹介していく番組です。 言い換えると「声の食べる通信」と言えるかもしれません。   「知産知消」は知っている人が作ったものを、知っている人どうしで食べるという関係性を表した造語です。食べる通信が、まさにそのツールなんですが、それに加えて「生産者のリアルな声」をお届けする事でより「知産知消」を実現するべく始めました。   既に、お一人目の対談模様が配信されております。 お一人目は、ふくおか食べる通信でも創刊号を飾ってくれた、朝倉市の柿農家、秋吉智博さんです。 秋吉さんの柿作りにかける想い、就農に至る急転直下の出来事、九州北部豪雨からの復興、そして、柿畑を守り続けるための誓い。様々な想いを語って頂きました。 これからも、毎週一人の生産者さんを対談形式で紹介していきます。 番組はこちらから聴く事ができます。 https://voicy.jp/channel/895 いつでも、どこでも、何度でも聴く事ができます! ...

初めてを始めてみる 口で言うのは簡単だけど いざ、やるとなると 不安と楽しみ 行ったり来たり ふあんとふぁん 大文字か小文字かの違いなのに 行ったり来たり できるかできないか、ではなく やるかやらないか、ですよ と、人には言ってるけど いざ、自分がやるとなると 行ったり来たり ふあんとふぁん 行ったり来たり 振り子のように 行ったり来たり 三ヶ月かかった 行ったり来たり 行ったり来たり   で 結局やるんでしょ? って、カミさんに言われた 「うん、やる」 やってみることにした 夏至の翌日の誓い(翌日かよ! 笑)   発表は今しばしお待ちください!! ...

令和になって最初の発刊となった、大川市、古賀哲也さんのばら干し海苔「紫彩」。 加えて、ふくおか食べる通信初の船上取材と相まって初ものづくしだった10号。 ようやく、全ての発送を完了しました。 古賀さんに出会ったのは1年前。  そして昨年10月の種付けからの取材と、ほぼ8ヶ月に渡る取材期間。 その期間を通じて、日常食として頻繁に食する海苔ではあるものの、 どうやって作られているのか知らない事ばかりでした。 古賀さんのおじいさんから始まった海苔作り。 真田三代ならぬ古賀三代の血と汗と涙の結晶である「紫彩」を ほのかな磯の香りとともに購読者の皆さんにお届けできた事はこれ以上ない喜びでした。 海苔のお届けの後は 「こんな海苔、初めてです!!」 「子供がおやつがわりにむしゃむしゃ食べちゃいました!」 「古賀家の歴史、短編小説を読むように引き込まれました!」 といった、読者さんからの声が古賀さんや我々編集チームに届けられました。 その声ひとつひとつに丁寧に応えていく古賀さんの真摯さ。 この真摯さがファンを増やす原動力なのだと改めて実感したのでした。   今回もまた少しだけですが  地方と都会、生産と消費、そして人と人がつながった事を体感したのでした。 ...