0027:台風17号の爪痕 | ふくおか食べる通信
16152
post-template-default,single,single-post,postid-16152,single-format-standard,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,wpb-js-composer js-comp-ver-5.3,vc_responsive
 

0027:台風17号の爪痕

0027:台風17号の爪痕

「梨は横からの力に弱いんですよ」
林誠吾さんから以前聞いていた言葉がずっと気になっていた。

昨晩、朝倉市でも風速30メートル以上を記録した今回の台風17号。
横風の凄まじさは想像以上

そして
収穫を間近に控えていた美味しい梨達は無残にも

落下していた、、、

「これでも平成18年の台風に比べればマシですよ」
平成18年の台風では梨の8割が落下したという。

そこと比べで「マシだ」という生産者さんの感覚。
自然を相手にしているとそこまで達観できるのだろうか?

呆然としている私を横目に、喜怒哀楽を表すことなく黙々と梨を拾うその姿は「泰然自若」に他ならない。

今回の台風で前年に比べ3〜4割減収が予測されるという。

一般のビジネスで売上が前年比30%減となったら、、、パニックである。

それでも「泰然自若」は変わらない。

これは、朝倉市の一生産者さんの話ではない。

日本全国で同じ事が起きているし
これからも起きる

それを肝に銘じて
僕らに何ができるのか?
僕らは何をすべきか?

問い続けていきたい。