0021:山笑う | ふくおか食べる通信
15921
post-template-default,single,single-post,postid-15921,single-format-standard,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,wpb-js-composer js-comp-ver-5.3,vc_responsive
 

0021:山笑う

0021:山笑う

「山笑う」という言葉をご存知でしょうか?

 

この季節
福岡の山々は
迷彩色豊かというか
不規則なパッチワークというか
不思議な彩りを見せてくれます

その様は
昨年までの深くて濃い緑から
新芽の鮮やかな緑に脱皮しているかのようです

このように
春の山の草木が一斉に若芽を吹いて
明るい感じになる様子を「山笑う」というそうです

おそらく
昨年も見た景色のはずなのですが
今年、改めて気づかされました

 

先週までの
大都会東京での知のインプットは
刺激的で、弛緩していた神経を
キュっと引き締めてくれるものでした

そして今週
意識的に神経を弛緩させる事で
気づいた山々の彩り

都市と地方
右脳と左脳
緊張と弛緩
アタマとカラダ
論理と感情
社会性と経済性

 

どちらかに寄り過ぎるのではなく
どちらの良さも受け入れていく
そういう生き方をしていきたいものです