0008:ついに創刊号出荷!! | ふくおか食べる通信
15650
post-template-default,single,single-post,postid-15650,single-format-standard,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.0.0,wpb-js-composer js-comp-ver-5.3,vc_responsive

0008:ついに創刊号出荷!!

ついに創刊号の出荷が始まりました!!

柿の葉が紅葉し始めてきた11月後半、ふくおか食べる通信創刊号(柿)の出荷が始まりました。

400人以上の購読者さんに送るのは1日、2日で完了する作業ではなく、2週間近くかけて出荷する事になります。

というのも、柿農家の秋吉さん曰く、「色づきとお大きさを見て、最も良い状態の柿を収穫したい、そのためには1日に収穫できる数が限られている」「せっかくのふくおか食べる通信の創刊号なので、最高の状態のものを食べてもらいたい」という有難い言葉を頂いた。

このブログを書いている時点で1/3ほどの購読者さんにお届けできている。嬉しい事に早速、届いた購読者のみなさんから「届いたよーー!」メッセージが写真を添えてfacebookに投稿されてきた!!

中には、料理の写真や綺麗にカットした写真を添えてくださる購読者さんも!

 

もう、僕のタイムラインは柿の投稿でカッキずいている(笑)

そして「届いたよー」投稿と共に添えられているメッセージは、生産者秋吉さんへの感謝の言葉だ。

少しではあるが、生産者さんと購読者さんが「顔の見える関係性」になった気がする。

少しずつ、少しずつ、この輪を広げていきたいと改めて心に誓った。

残り2/3の方々も待ちきれない様子が垣間見える。1日も早くお届けしたいが、そこは自然相手。今しばらくご辛抱頂きますようお待ちください。